祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

お土産って?

結納は家から家又は(本人から本人)への贈り物ですが、両家家族のコミニュケーションとして、お互いの家族(丁寧な場合は親族まで)に「私たちが結婚した時の思い出に、末永く愛用してください!」との思いから、本人(新婦&新郎)からお土産(プレゼント)を贈ります。
贈る品物は下記の贈り物例を参考にしていただければイイですが、基本的には消耗品や食品は記念に残りませんからNGです。贈り物ですから金銀水引のしをして、風呂敷(紋入りか寿)に包みます。中京圏と北陸地方は男性側から結納時に贈りますが、それ以外の地方は女性側から荷物時に進物します。頂いた男性側は後日(お里帰り)に進物します。

花子さんから 太郎さんから
太郎さんからは里帰りに進物します。

里帰りとは

結婚式が滞りなく済んだ後、一般的には新婚旅行へ行かれますが、その後、ご近所や親戚などに結婚報告をします。先に男性側で済ませ、その後、女性側のご近所や親戚へ訪問します。その際女性側実家に2~3日里帰りをします。【この時は、古来は仲人の奥様と当家母親&本人(新婦)でお送りしていましたが、今どきは当家母親&本人(新婦)でお送りされます。】

お土産の予算

一般的には後先祖様お線香は3~5千円、ご両親様は2~3万円、ご兄弟ご姉妹は1~2万円、ご親族や甥&姪は5千円程度です。

お土産の選び方

基本的に「結婚させていただいた記念に、想い出に!私共々よろしくお願いします」と想いを込めて贈る記念品ですから、消耗品や食品は選びません。
想い出に残るアクセサリー類、衣服類、和洋小物類をお選びください。