祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

荷物目録とは

「当方からの荷物はこれだけの物を持たせます」という証です。家財道具をどちら(新郎又は新婦)が用意したかを記す役目や、親から娘への財産分与的な役目もあります。受け取る男性側は荷受書を用意してお渡しします。受け渡しには女性側儀式用品(広蓋・富紗・風呂敷)を使い受け渡しします。この時、結納返し(袴地料・お土産)を進物する事が本来です。

荷物の時期

昔は結婚式当日の午前中に仲人さんと荷宰領(にさいりょう)【荷物を運ぶ監督さん】が新婦宅に訪問し、荷物目録や結納返し&お土産を預かり、新居に訪問していました。今どきは結婚式の1ヵ月~1週間前に親御様とご本人が新居に訪問されお届けします。

荷物目録の書き方

京都では基本的に高額な中身(着物、洋服、バック、宝石、)は記載しません、家具類、電化製品類、布団、座布団などを代表的に書きます。それ以外の諸道具は釣台として最後に書きます。点数は縁起物の性格上奇数に整えます。

荷物目録

受け渡しに使う物

女性側の家紋【男紋】を広蓋・富久紗・風呂敷を使って進物します。受け取った男性側はそれに荷受書をのせかえお帰り間際に渡します。お土産も進物する場合は紋風呂敷か無地風呂敷、お目出度い柄物の風呂敷で進物ください。