祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

いつどこでするの?

東日本では結納と同時に取り交わします。
西日本では古来から結納式では、結納と受書を交わし、後日改めて荷物納めの時か、結納から1ヵ月前後に先方の実家に訪問して進物します。
両家が遠方で結納時に会って以来結婚式まで会う機会がない場合などは、同時交換を執り行います。

同時交換

結納時に女性側は受書を渡し、引き続きいただいた結納飾りより簡略な飾りで納めます。

同時交換
荷物時にする方法

古来からはこの時に結納返しと婚家のご先祖をはじめ家族・親族へのお土産を進物します。荷物のトラックと一緒に仲人さん又はご当家が同行し、荷物を運び入れた後、お返し結納とお土産を納めご挨拶します。
「先日は結構なご結納ご結納頂戴しましてありがとうございました、本日は誠に簡略でございますが、結納返し(お土産)と荷物を持参しました、何卒幾久敷ご受納下さいませ」とご挨拶しお返し結納目録と荷物目録を広蓋にのせ袱紗を掛け手渡します。

荷物時にする方法
後日持参方法

荷物の儀礼的な事は省略するけれど、結婚式前に1度は先方ご実家に訪問したいとお考えの場合にされる方法です。
この場合は事前に先方に訪問させてください!と承諾をお取りください。方法は結納時と逆で女性側が男性側自宅に訪問し結納返し品を並べご挨拶します。「先日は結構なご結納を頂戴しましてありがとうございました、本日は誠に簡略でございますが、結納返し(お土産)を持参しました、何卒幾久敷ご受納下さいませ」とご挨拶しお返し結納目録を手渡します。

後日持参方法