祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納返しの内容(金額)(記念品)

お返し結納金の金額

東日本は正式は半返しと言い袴料・袴地料として結納金の5割を包みます。略式は1割を包みます。今どきは半返しは負担が多いという事で、大半は1割を包まれる場合が多いようです。西日本はお返し結納金をお金でする地方と、背広や時計など品物でする地方があります。金額は1割を包まれます。包まない地方は結納金の1割~3割くらいの費用で背広やコートなどの衣服や時計やタイピン等の装身具を贈られます。

お返し記念品

婚約記念品に指輪や時計など頂戴した場合は女性側からも記念品を差し上げます。最近はバレンタインデー・ホワイトデー感覚でご本人同士で相談してお買い求められる方が多いです。この場合の予算は婚約記念品(指輪など)に対して西日本では1割~3割くらいの費用で、東日本は2割~5割くらいの費用で、時計、背広、コート、カウス、大島、デジカメ、ビデオカメラ等の記念品を差し上げます。お決めになった商品は目録に記載します。

酒肴料(柳樽料・松魚料)

お返し結納時は頂く額の半分を包みますが、同時交換などで事前に分からない場合は、結納金が高額でない限り、今どきの相場で1~2万円包まれればイイと思います。結納でいただいた半額程度を酒肴料としてお包みください。