祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納の交換方法

1.結納の場所

結納は贈り物の儀式(マナー)ですから、基本的には男性から女性に贈ります【ご養子の場合は逆】
昔からは大切な贈り物ですから、取りに来ていただく事は失礼な事とされ、自分自身でお届けする事はせん越な事とされていましたので、使者(仲人さん)に託し、ご自宅までお届けしていただき、自分は自宅で待機し、使者(仲人さん)の帰りを待って労をねぎらい祝宴をしていました。
今どきは仲人さんを省かれる場合が多い為、直接先方のご自宅に親御様とご本人で訪問されたり、祝宴の都合でホテルや料亭でされる場合もあります。また、ご遠方同士のご縁組の場合は、中間地点のホテルや料亭で取り交わす場合も考えられます。ご両家の距離や会食の都合でお選びください。

同じ地域同士ですと西日本式or東日本式で統一して執り行われればイイですが、男性が西日本で女性が東日本(逆の場合もありますが)という場合は基本的には男性側の習慣で執り行われる場合が多いです。
グローバルな世の中になったと言っても、冠婚葬祭事はまだまだ地域差が大きいですし、結納は気配りの儀式でもありますので、自己中心的にならず、先方の派手or簡単も考慮に入れてください。

2.交換方法

結納の交換方法は大きく浜松~日本海に伸びるフォッサマグナで西日本or東日本で別れます。

西日本

西日本では基本的には{結納おさめ}と言い男性側から結納を差し上げ、女性側からは確かに受取りました!と言う意味で受書を渡します。お返しの結納は地域により、執り行ったり、省略する場合があります。お返し結納(袴地料又は袴料)は基本的には荷物の時に進物しますが、女性側として荷物の儀礼を省略される場合は、結納の時に同時交換します。正式にはいただく結納品より2~3段小さい結納品【鶴亀松竹梅】を用意し、男性側結納金の1割(袴地料又は袴料)を包み、指輪をいただく場合はお返し記念品(時計、背広、カメラ等)を贈ります。

婚約記念品の指輪や時計など⇔お返し記念品(時計、背広、カメラ等)はご本人同士でバレンタインデー&ホワイトデー感覚でご本人同士で取り決めてください。結納⇔結納返しは親同士で、ご両家の距離(近郊or遠方)、荷物の儀式を(するorしない)等を考慮にいれ同時にするorしないをご相談ください。

東日本

東日本では「結納を交換する」と言い男性側から結納を差し上げ、女性側から結納返しを贈り、両家同じレベルの結納品【鶴亀松竹梅】を用意し同時に交換します。正式には半返しと言い、結納金の半額をお包みします。略式の場合は1割にする場合もあります。婚約記念品は指輪や時計など⇔お返し記念品(時計、背広、カメラ等)はご本人同士でバレンタインデー&ホワイトデー感覚でご本人同士で取り決めてください。

東日本では「結納を交換する」と言い男性側から結納を差し上げ、女性側から結納返しを贈り、両家同じレベルの結納品【鶴亀松竹梅】を用意し同時に交換します。正式には半返しと言い、結納金の半額をお包みします。略式の場合は1割にする場合もあります。婚約記念品は指輪や時計など⇔お返し記念品(時計、背広、カメラ等)はご本人同士でバレンタインデー&ホワイトデー感覚でご本人同士で取り決めてください。

よくある質問「結納の交換方法」編