祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納を受ける準備

結納を受ける準備
結納は地方差があり、まず男性側のスタイルや交換方法(関東式or関西式)の違いがあります。
男性側にを伺い準備します。

東日本式(関東・北海道・東北・上越・信州・沖縄)の場合
結納品のスタイルを選びます。

基本的には交換ですから、結納品の形が1つ台の小さい物か、2~3台の正式な物か、点数が正式9点セット、7点セット略式5点セット等の点数も考慮に入れて、同じよう物を選びます。

お返しする金額を選びます。

金額も正式はお返し結納金(袴地料)に半返し(50%)又は、略式(10%)を包みます。男性側が酒肴料を包まれる場合は同じ額【男性側が縁起物的に5円や500円程度包まれた場合】か半分【実質的に数万円程度の場合】を包みます。男性側がお返し結納金をご辞退された場合は関西式と同様に受書で対応し、お金は包みません。

婚約記念品を考えます。

婚約記念品(指輪、時計、ネックレス、着物、バッグ、コートetc)をいただく場合は、返礼にお返し記念品(時計、背広、ネクタイピン、カメラ等)が必要です。

結納を受ける準備-東日本式

関東式の結納は基本的に「結納を取り交わす」と言い、互いに結納品を交換するスタイルですが、近頃は略される場合があるようです。その場合は関西式の受書を用意され、記念品だけで済まされるようです。正式でも略式でも、お返し記念品の費用は指輪の3~5割が多いようです。お返し記念品は時計、背広、ネクタイピン、ビデオカメラ、デジカメなどが多いようです。基本的には婚約した想い出に永く使っていただける物を選びましょう。消耗品や食品&酒はあまりふさわしくないですね。

西日本式(中京・北陸・関西・山陰・山陽・四国・九州)の場合
お返し結納品のスタイルを選びます。

男性側の結納のスタイルは1つ台の小さい物から、畳2帖いっぱいになる超豪華な物まで凄く差がありますが、基本的には受書を用意されます。(やはりこの時家族書・親族書を交換します。)

お返し結納をするorしないandお返しする金額を選びます。

西日本式ではお返し結納はする地域としない地域があります。する場合は結納金の1割を袴地料(袴料)と酒肴料(柳樽料・松魚料)を頂いた半分を包みます。お返しをしない地方やしない場合は、お返し記念品(時計、背広、ネクタイピン、カメラ等)のみを贈ります。

婚約記念品を考えます。

婚約記念品(指輪、時計、ネックレス、着物、バッグ、コートetc)をいただく場合は返礼にお返し記念品(時計、背広、ネクタイピン、カメラ等)が必要です。

お返し結納をいつする?

昔からは結納時は受書だけで済まし、結納返しは後日、荷物の時に家族(お仏壇があればご先祖様にお線香)や親戚のお土産と一緒に贈っていました。今でも荷物の儀式を重んじられる場合はそうしますが、簡略にされたり遠方のご縁組の場合は結納時に同時にされます。同時交換と言い、正式には結納→受書で受け渡しし、結納返し→袴受書を交換します。【略式の交換方法は袴受書を省略する場合があるようです】

結納を受ける準備-西日本式

関西式は「結納納め」と言い、基本的には男性側から結納を贈り、女性側は受書だけを渡します。結納返しははする地域としない地域があります。する場合は結納金の1割を袴地料(袴料)と酒肴料(柳樽料・松魚料)を頂いた半分を包みます。お返しをしない地方や先方(男性側)が結納返しをご遠慮された場合は、結納→受書だけで済まし、結納返しのお金も飾り物も省略しますが、婚約記念品(時計、背広、ネクタイピン、カメラ等)は差し上げる場合が多いようです。基本的には婚約した想い出に永く使っていただける物を選びましょう。消耗品や食品&酒はあまりふさわしくないですね。

よくある質問「受ける準備」編