祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納時の服装は?!

結納は一生に一度の大切な贈り物です!気持を形にする結納品と同じく服装も重要です。今どきのフランクにお付合いしましょう!と言われてTシャツ&Jパンという訳にいきません。女性側に敬意を払う気持を込めてチャント態度で示しましょう!結納当日はなんと言っても彼女が主役です、未婚最後の機会として昔から振袖を着られる場合が多いですから、それに合わせて彼や親御様の服装が決まります。
正装、準正装、略装と3パターンありますが、正装は仲人が取持つ場合や格式を重んじるご家庭がされます。準正装は今どき1番多い場合です。略装はご両家が遠方で交通機関を利用して訪問したり、ホテルや料亭でされる場合が多いようです。
両家の服装の調整は仲人さんが居られる場合は調整していただければイイですが、今どきは仲人いられないのでご本人が調整されるようです。

結納時の服装早見表

挨拶用扇子の用意

儀式扇子とはご挨拶する時に必要です。扇子は広げた形が末広がりを意味し、幸せが末永く続きますように!との願いを込めて使います。また、 献上する気持を態度で示し、扇子を敷居にみたて、先方様に対して一歩下がり謹んで申し上げるという意味もあります。

儀礼扇子

結納を夏(6月~8月)の暑い時にするのですが、正装(着物)でなければダメですか?

結納時の正装は着物ですが、暑い時期には大変です。夏用の着物は「絽・紗」などがありますが、あまり一般的ではないので、略装のスーツで済まされる場合が多いようです。