祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納金の相場と由来

元々、昔の結納はお金でするのではなく、着物類(帯・着物)や酒肴品(お酒・魚)をプレゼントしていましたが、現在では、お好きな着物や帯をこのお金で買ってください、と言う意味でお金を帯地料や小袖料などと名称して贈っています。
結納金の使い道は、お好きな着物や帯を嫁入り道具と一緒に買って来てください。という意味でから着物類を買っていただいたり、洋服を買っていただいたりしてもらえればイイと思います。
高度成長期時代(戦後~昭和50年代)は地方差もありますが、結納金の3倍、5倍・・・の嫁入り道具を用意しなければならない、という事がありました。昔は「タンス、長持ち、あの娘欲しい♪」って童歌があり、荷物も大変費用も係りましたが、今どきは荷物の準備はライフスタイルの変化から簡単ですので、結納金の相場もデフレ傾向です。

結納金の金額の決め方

結納金を親御様が出す場合と本人が出す場合で変わりますが、本人が出す場合は昔からは月収の3ヵ月分と言い50万円~100万円が多いようです。親御様が出す場合は親御様の社会的地位やステイタスを考慮に入れられます。一般的には100万円前後が多いようです。ハイソサイティーなご家庭は200、300、500、1000万円など包まれるようです。又、最近は、ご予算の都合やどうしてもお金に違和感を持たれる場合などは、お金を包まず指輪で結納をされる場合もあります。

結納金(帯地料OR小袖料)以外のお金

結納金以外に結納時には酒肴料(柳樽料や松魚料)が必要です。
これは結納は両家を結ぶ縁起物として、人付き合いのアイテムとしてお酒と魚が必要です。昔は現物の清酒2本と鯛2匹を持参していましたが(九州は今でも現物を持参されます)持っていくのが大変!という理由でお金で省略している事と、基本的に女性側自宅に進物する訳ですから、その時女性側で食事をご馳走していただく訳ですから、気配りとしてお食事代という意味合いもあります。今どきのパターンで親御様とご本人で訪問する場合は3~5万円(柳樽料・松魚料)が多いようです。昔ながらお仲人様同行される場合は、柳樽料・松魚料合わせて1割を包みます。
※包むパターンは下記の割合を参考にしてください。

仲人さんがある場合

仲人さんがある場合は関西流におため(結納時のお礼金)を女性側でお包み【ご負担】いただくので、おため(お礼金)代としてお酒代(柳樽料)お魚代(松魚料)に1割のお金を包みます。それ以外の地方は仲人さんがない場合を参考にしてください。【縁起物的に5円や500円を包まれる地方もあります】

仲人さんがある場合
仲人さんがない場合

仲人さんがない場合はおため(結納時のお礼金)をつつむ必要はない為、1割の金額をいれる必要はないですが、お食事をご馳走になる場合が多いので気配りとして下記の金額を包まれるケースが多いです。【ホテルや料亭でご馳走になる場合は多少増額される場合もあります。】

仲人さんがない場合
新札を用意しましょう

もちろん!お金とは言え贈り物です、新札を用意しましょう!
銀行など金融機関で早めに用意してください。すぐに揃わない場合もあるようです。百万円単位の結納金は帯封がしてありますので、そのまま入れていただいて結構です。

よくある質問「結納金の相場」編