祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■婚約について

結納の会場と費用

大切な贈り物ですから、古来からは取りに来ていただく事は失礼とされ、女性宅にお届けしていました。今でも基本的にはお届けする場合が60パーセントを占めますが、結納後の持成し(お食事)の都合や基本的には大切な贈り物です、取りに来ていただく事は失礼です。ご自宅にお届けしましょう!でも、和室がない、部屋が小さい、会食の用意、両家が遠距離、などの理由でホテルや料理屋さんでする場合もあります

女性宅で行う

基本的には大切な贈り物です、取りに来ていただく事は失礼です。ご自宅にお届けしましょう!日本の伝統文化ですから基本的には和室で執り行いますが、今どきの住宅事情で応接室のソファーで執り行う場合もあります。結納の受け渡しが済めば、お茶(昆布茶又は桜湯)とお菓子(紅白饅頭など)で持成し、会食の宴を開きます。その際は丁寧する場合はお膳を用意します。簡単な場合は松華堂弁当やお寿司程度で済まされます。お食事際にはお酒はお忘れなく!丁寧にする場合はお土産としてお菓子や折り重【季節により】をお帰り間際に渡される場合もあります。会食の費用は基本的には女性側で支払います。男性側はお呼ばれ(ご馳走)いただく訳ですから結納品の中にある酒肴料(柳樽料・松魚料)に招待される人数分×1~2万円を包む気配りが必要です。

ホテル&料亭で行う

女性宅に和室&床の間がない場合や、
お持て成しの都合でホテルor料亭を利用されます。

ホテル ホテル 司会進行係が進行をしていただける場合が多く、
間違えなく進行出来厳粛な結納式が執り行えます。
料亭 料 亭 暖かい美味しい料理が安価に食べられるメリットがあります。

ホテルでも料亭でも事前に「結納の席です」と予約されれば、それにふさわしい仕度をしていただけますのでお忘れなく!また女性宅が遠距離の為、両家の中間地点のホテルor料亭でする場合もあります。 会食費は今どきの付き合い方法ですと折半される場合が多いですが、話し合いで女性側が費用を持つ場合があります。仲人様を立てる場合は会場に案内する方法やお車料や手土産もお忘れなく準備ください。

よくある質問「結納の会場と費用」編