祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■結婚式の段取り2

挙式について

挙式どうする?

キリスト教式、神前式、人前式などがあります。宗教とも関わってきますので二人だけでなく、親やまわりの意見も聞き、じっくりと決めましょう。
挙式についてチャート

●挙式の種類

キリスト教式
教会やホテル、式場にあるチャペルでイエス・キリストに誓います。
神前式
神社、ホテル、式場の神殿で神道の神に誓いを立てます。
人前式
最近人気の挙式スタイルで、宗教にとらわれず、列席者全員が二人の結婚の証人になります、

●会場の種類

挙式の種類によって式を挙げる会場も変わってきます。教会、神社、ホテル、結婚式場、レストラン、ゲストハウス、のほか、最近では開放感のあるガーデンチャペル、リゾート地の教会、船上、テーマパークなども人気があります。海外挙式も思い出になりハネムーンもかねて行われることが多いようです。その際、本人たちの支度する

スペースやゲストの控え室をどうするかども注意しておきましょう。

披露宴について

披露宴の形式には、大きく分けて着席スタイル、着席ビュッフェ、立食ビュッフェの3タイプがあります。それぞれメリット、デメリットがありますが、年配の方が多く出席する披露宴や小さな子供が出席する場合などは、立ちっぱなしの立食は避けたほうがよいでしょうし、カジュアルにしたいカップルの間では自由に動けるビュッフェ式も人気があります。いずれにしても自分たちの希望ばかりを優先させず、招待客をどのようにもてなしたら喜んでもらえるかを一番に考えて決めることが大切です。

●披露宴の種類

着席スタイル
ホテルや結婚式場で見られる一般的なスタイルです。テーブルに着席し、フルコースの食事が出されます。料理をゆっくり堪能できます。年配や子供も安心。披露宴の演出も取り入れやすい。
立食ビュッフェ
自由に会場を動き回れるカジュアルなスタイルです。和気あいあいとした雰囲気のパーティになります。新郎新婦が会場を回って招待客に直接挨拶でき、招待客同士も自由に歓談できる。
着席ビュッフェ
招待客の席とテーブルは用意されていて、料理は各自バイキング形式でとりに行くスタイルです。立食より落ち着いて食事でき、着席スタイルより新郎新婦や色々な人と話しやすい。

●披露宴会場

披露宴会場としてポピュラーなのは、専門式場・ホテルでしょう。施設や設備が充実し、結婚式のノウハウが確立しており、全ての手配が可能です。レストランでの披露宴も増えてきています。
個性的な披露宴にしたい人におすすめでしょう。最近よく見かけるのはゲストハウス。ウェディング用に作られたところも多く、プライベートガーデンなどを持ち開放的なパーティが可能です。
ただし、レストランやゲストハウスはトイレや駐車場などが不足しているところもあり、それぞれのメリットやデメリットをよく吟味した上で決定するほうがよいでしょう。
なお、海外ウェディングの場合は挙式がメイン。現地では同行者だけで食事会をし、帰国後にパーティというケースも多く見られます。